スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.ホワイトバランスについて

2012年05月09日 - 帰国後

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。
久しぶりにこのコーナーの更新。

今回はホワイトバランスについて。
カメラに『WB』って書いてる機能のこと。

ホワイトバランスがどういう機能かというと、名前の通り
「白を白く撮る為の機能」ということ。

人間の目は明るさも色味も補正する機能がついていて便利なんだけど
機械だとそうは行かず撮影者がある程度設定しなければいけない。それがホワイトバランス。

『光源』に合わせて設定を変更します。
太陽なのか、電球なのか、蛍光灯なのか、日陰なのか、曇り空なのか・・・

 

 

では早速。

上の3枚の写真を見て欲しい。
1枚目:AWB(オートホワイトバランス)
2枚目:電球マーク
3枚目:曇りマーク

と、こんな感じで色が全然違う。
オートは人の目に近づくように色温度(ケルビン)を調整している機能だから、手軽にそれなりに撮れる。

電球マークは電球の暖かい色が白っぽく見える様に補正→青を足した絵 という機能。

曇りマークは曇り空で白が白っぽく撮れる様に→オレンジを足した絵 という機能
(曇り空の下は青い光が多いらしい)

こんな感じで、状況に寄って最適な色を撮る為に使う機能がホワイトバランス。

今回の場合はスポットライトが電球色(暖かい色の光)なので、
電球マークのホワイトバランスで撮ったので一番良い色かと。
もちろん、表現として意図して黄色を強くするとかも全然アリ!
ではもう一つ。

 

わかりますか?(外は曇り)

1枚目:AWB(オートホワイトバランス)
2枚目:電球マーク
3枚目:曇りマーク

です。

今回顕著に出たのは「電球マーク」の青の加え具合。
ビックリするくらい青い。

これくらいの色味であればオートでも十分機能してる感じ。曇り空だとちょっと黄色多いかな?という印象。

電球マークは青過ぎるけど、「ジャパニーズムービー」的な表現だと思えばアリ?
人を撮ると肌の色がゾンビみたいになるので注意w

そんな感じでホワイトバランスの話でした。

要するに、素直に光源に合わせてそのマークにWBを設定しよう!ということ。

過去のシリーズはこちらからどうぞ
写真撮り方 コーナー


【詳しく】
光は「加法混色」と呼ばれるもの。

こういうやつ

光の三原色にRGB(レッド、グリーン、ブルー)があるんだけど、それらを全て混ぜると『白』になるというのが光の特性。

電球の光の色の黄色(オレンジ)は補色のブルーを足すと 白になるから、ホワイトバランスの設定はそうなっている。

曇り空とかは逆で、光に青が含まれているから補色の黄色が足されている設定。

その辺まで意識すると楽しいかも。

 

過去のシリーズはこちらからどうぞ
写真撮り方 コーナー


帰国後はこちらにブログを書いてます。
http://t-azuno.com/

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。