スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

ネパール06-スノウリからバラナシへ国境の越え方-

2010年04月14日 - ネパール


_4020113

お久しぶりです!
バラナシでネット環境が悪く、更新できてませんでした。

さて久しぶりの記事です。
危険危険という噂の絶えないネパールからインドへの陸路での国境越え。
無事に何事も無く越えれたので、最新の越え方(と言ってもそんなに変わらないかも?)を書き留めておきます。

(ちなみに上の写真はスノウリ国境にある屋台のモモ。沢山の人が食べてて、美味い!安い!25ルピーとか。ポカラはなぜかモモ高いですからね。)

なぜ国境越えが危険かというと、ツーリストを狙った強盗や山賊が出るからとのこと。

で、どうしたら回避できるかというととにかく
「ダイレクトで行かない!」
ということ。これをみんなしきりに言ってます。

詳しいことはよくわからないけど、とにかく直接インドへは入らないこと!
と言われたので、出来るだけ小刻みに移動します。

1.まずはポカラからツーリストバスでスノウリまで。8時間くらいかな?450ルピー。

スノウリで1泊します。夕方に着くので、夜移動するのは危険とのこと。
スノウリは恐ろしく何も無い街で、本当に泊まるだけ。
しかもその宿も、安いとこにしたら最悪でした。過去最低の宿。
疲れててチェックが甘くなってました・・・
(バスは少し離れた町に着きますので、ここで1泊してもいいです。スノウリにも100ルピーくらいの宿はあります。このあたりから嘘が増えてくるので不安だったら自分の目で確かめて鵜呑みにしないこと)


2.早朝起きて、スノウリ国境を越えます。

国境はインド人とネパール人にはフリーで開けているので、イミグレーションが簡素!というか見つけにくい。
人に聞きつつ、騙されつつ見つけてください。
ビザさえ持ってれば何も問題なく越えれます。
両替所は国境を越えてもあります。「無い!」って言ってくるやつがいるけどあります。
もちろん町中にもあります。「無い!」って言ってくるやつがいるけどあります。

3.国境を越えたらジープを探します。(ジープは乗り合いジープで、ミニバスみたいな感じ。)

100インドルピーでゴーラクプルという3時間くらいのところまで行けます。
基本インド人しか乗ってませんが、逆に言うとツーリスト狙いの強盗は襲って来ないということ。
しかも日中移動するので問題ないです。
7人乗りジープに14人乗ります。ぎゅうぎゅう。w


4.ゴーラクプルに着いたら鉄道で行くか、バスで行くか。

鉄道は時間のタイミングが合わなかったので、私はバスを利用しました。
130ルピーくらい。
駅からは少し離れるので、サイクルリキシャなどを捕まえてバスターミナルまで案内してもらってください。
「バラナシに行きたいんだ!」って言えば案内してくれます。
バスはインド人ばっかりのローカルなバスで、TATAモーター製。
もうこのメーカーの車でインドは溢れていますが、DIYですか?ってくらいな作り。
でも走る。ラジエーター液は水道水。でも走る。w
これで8時間くらい。


5.バラナシ駅に着いたらオートリキシャなどを捕まえて目的のゲストハウスまで

この時に注意なのは、金額と降ろされる場所。
私は場所がわからずそれらしきところで降りたら、実際結構歩きました。
「オートリキシャはここまでしか行けないんだ」って言われても行ける場合があります。
他のリキシャなどの動きを見て判断してください。ゴードリアチョークという交差点までは行けます。
目印は黄色い教会。
金額も50ルピーくらいかも?


とまぁ、こんな感じで行けば問題ないかと。

実際インドでスノウリ国境をダイレクトで来て強盗に会った人とかいたので、甘く見ない方がいいかと。
ちなみにデリーの空港から入る時もオートリキシャやタクシーに乗ったら無理矢理高額なホテルに連れて行かれて・・・ってこともあるみたいなので情報はしっかりと。

インドは自分さえしっかりしてればそんなに大変じゃないです。
彼らは「知らない」って言えないから適当に答えちゃって、それが結果的に嘘になったりもします。
あとは自分の利益の為に嘘つくこともあるけど。



そんなわけで、ひっさしぶりのクリックをお願いいたします!
ランキングは遥か後方、30位以下です。w
いまはバラナシを抜けて、アーグラーという街にいます。タージマハルがあるところ。今日中にはデリーに到着する予定。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。