スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

インド05-アーグラー・タージマハル-

2010年04月18日 - インド

_4140088
インドに来たからにはどうしても行きたかった場所。
タージマハル。
世界で一番美しい建築の一つとして数えられており、徹底したシンメトリーの様式は本当に圧巻でした。

中学校くらいの教科書で初めて見て、インドと言えばタージマハル!みたいなイメージを持ってたから
まさかあの教科書に載ってた場所に自分が来ることになるとは当時は夢にも思わなかったなー。
あの頃の自分に「お前あと10年くらいしたらここに行くから楽しみにしてろよ」って言ってみたい。w


_4140079
タージマハルはデリーから200kmほど離れたアーグラーという都市にあります。
てっきりどこか主要都市の一部にあるものだと思ってたのですが、ここアーグラーには何もありません。
はっきり言って暇でした。
日帰りで1泊もすることなく出て行く人もいる程です。w

私は夕日と朝日のタージマハルを見たかったので、屋上からの景色の良い宿を紹介してもらってそこに泊まりました。

_4130062
夕日が沈んだ後のタージマハル。

_4140071
朝、屋上のレストランで朝食をとりながら。w

_4140086
サンライズが6時くらいで、タージマハルも朝6時から入れます。
ただし、一番メインの南門は朝8時にならないと開かないので、西門から入ることになります。
人が増えてくるし、気温も上がってくると楽しめなくなってくるので早起きして朝日を見ながら朝食とって、6時半には入場するのをお勧めします。
入場料は750ルピー。めちゃくちゃ高い。


_4140135
建物もさることながら、庭も綺麗に作られています。
というかちゃんと整備が行き届いています。

_4140115
全てが白大理石で出来ていて、彫刻が随所に施されています。
大理石って真っ白じゃなくて濃淡がついていたりちょっとした模様が入ってたりします。
そこに彫刻であったり、別の石で模様を埋め込んで全体的に装飾を施して行くと
遠くから見た時に何とも言えない奥行きが出てきます。
これが非常にかっこいい。

しかも、この素材、この形をこのスケールで作っちゃいましたか!?というくらい大きい。

_4140128
人の大きさわかります?
すっごく小さい赤いのが人のサイズです。

東門の影が写り込んで、タージマハルのシルエットがだぶる感じでこれもなかなか素敵です。
朝がおすすめな理由はもう一つあって、光が優しいんですよね。
日が高く上がっちゃうとどうしても攻撃的な光になっちゃいますから。




というわけで、どうぞタージマハルの写真見てください。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

一日中居ても飽きなそうな場所ですね。
いいなぁ。
  • 2010-04-18 |
  • 真弓の実
  • URL
  • edit ]

No title

白いタージマハル。これってその時の王妃のお墓だよね?
その時代の王様がいざ自分の墓を作ろうとした時に情勢が悪化して具現化しなかったのが黒いタージマハル。
白いタージマハルと黒いタージマハルの対比、見てみたかったな。
  • 2010-05-17 |
  • yukitti
  • URL
  • edit ]

Re: No title

タージマハルは全てが対象なんですが、一カ所だけ対象じゃないところがあります。それが自分のお墓。王妃の墓の為に作られたので王妃は中心に眠っているのですが、息子に追いやられ王位を剥奪された王の墓は建設される事無く王妃の隣に眠る事になったそうです。その部分がなんとも物悲しいですよね。個人的には全てが対象じゃないってところも含めて好きですけど。
  • 2010-05-18 |
  • アズノタダフミ
  • URL
  • edit ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。