スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

トルコ04-パムッカレ・またまた絶景と注意点-

2010年05月11日 - トルコ

_5060079

カッパドキアに1泊した後は夕方のバスでパムッカレへ移動。
パムッカレは真っ白な石灰棚が見れる世界遺産。
温泉が湧き出て、その温泉が石灰棚を伝って下へ流れてます。この水が不思議と石灰棚に貯まると水色に見えます。
_5060142

まぁ説明なんてほとんど不要な場所なのでとりあえず見てください。

_5060057

_5060083

_5060073

_5060151

_5060145

バスで朝早くついて、ムスタファというレストランで朝食を食べてると日本人の旅行者と一緒になって5人で行動してました。
いままでで一番大人数での行動でしたね。たまには楽しい!
GW期間様々です。w

_5060122
パムッカレにはおまけ程度にローマ遺跡があります。

_5060129
また、温泉プールがある!って盛大に広告してますが実際見るとなかなか小さく残念な感じ。
しかし、この底にあるのはローマ遺跡。遺跡のプールで泳げるという貴重な体験できますが・・・


さて、パムッカレの注意点です。
ガイドブックにもしかしたら『チケットの有効期限は24時間』って書いてるかもしれませんが、
実際は『1回まで。再入場不可』です。ご注意ください。
私は、一度外に出て夕日を見ようと再入場する予定でしたが出来ませんでした。
入場料もなかなか高いので(20リラでした)。

時間ないし欲張りたい人は、先にエフィス遺跡に行きましょう。
数時間でエフィス遺跡を切り上げてバスでパムッカレに向かってください。
日没時間はこの時期は20時近くなので、十分間に合います。
で、夜のバスでイスタンブールに向かうこともできます。こうすれば1日で2カ所廻れます。

先にパムッカレに来てしまうとバスが無いのでエフィスには向かえません。
しかもパムッカレ自体は2時間くらいで見終わってしまうので、あとはなかなか暇です。村自体も凄く小さいので。

_5060156

_5060157

そんな村でなにやってたかというと、ケバブサンド食ってました。w
村の奥の方に2リラでサンドとアイラン(甘くない飲むヨーグルト)が食えるという激安で美味い店を見つけたので
ここに3回行きました。w ただ、アイランはどうも飲めなかったですけど。ヨーグルトに塩入れてる感じ。



パムッカレ出た後はイスタンブールへ戻りました。



ちょっとまたランキングで10位以内を目指してみようかと思ってます。
なのでみなさんご協力をお願いします。
あと1週間で60クリック多ければランキング10位です。1日10人弱増えれば・・・
お願いしまっす!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

 
わーーー ...
こういう水色、一番好きな色だなー
写真もこんなに綺麗で、
目でみたら純度とか透明感とかすごいんだろな

おまけ程度でもローマ遺跡 笑
 
  • 2010-05-13 |
  • r
  • URL
  • edit ]

Re: No title

いやもう、凄かったよ。
でもいまお湯が全体にはられてるわけじゃないから、ガイドブックで見るほどじゃないけどそれでもすごかった。
  • 2010-05-13 |
  • アズノタダフミ
  • URL
  • edit ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2014-02-02 |
  • edit ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。