スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

ギリシャ06-サントリーニ島散歩-

2010年05月22日 - ギリシャ


_5200224
サントリーニ島は期待を裏切らないくらい良かった。
観光地に一人で行って少し寂しい思いをするという法則を差し引いても、行って良かった!

街の造り、特にフィラ地区からオイア地区にかけての街並が楽しい!路地歩いてると突然視界が開けて海が見える。
右見ても左見ても下見てもいろんな表情を持ってて楽しませてくれる。

もちろん人工的でおそらく計画的な街並なんだろうけど、それでも全ての景色が良かった。
そんな私が捉えた景色の断片を。
_5200188
フィラ地区にはビーチはなく、絶壁に所狭しと白い建物が。

_5200186
たまに変なやつもいたり

_5200195
こういう野菜と海と建物の白色のコントラストも楽しい。目に楽しい街。

_5200235
どこを切り取ってもそれなりに絵になる、カメラ好きにはたまらないけど難しい街。

_5200232
もちろん路地だって可愛い。

_5200210
こういうわざとかどうかわからないものですらかっこ良く見えてしまう。

_5200283

_5200259
フィラ地区とオイア地区は西向きに面しているので夕日が綺麗。
水平線に沈む太陽をカフェで紅茶でも飲みながら眺めれます。(紅茶が一番安かった。3.5ユーロ)

_5200262
個人的にはこれくらいの時間帯が一番好き。
夕日のあと1時間後くらい。

_5200266
夜景だってもちろん綺麗。帰りのバスの時間に注意しましょう。

しかしこの島の建物は本当に白い。
シーズンインしたてのいまはいたるところでペンキを塗り替えていました。
屋根だって白いのにシミ一つない。きっと掃除やメンテナンスが行き届いてるのでしょう。
街全体でこの景観を守ろう!って意気込みが感じれました。
1つもこのサントリーニ島っぽくない建物がなかった。全体が調和していた。
それが日本じゃ考えられなくて凄い。きっといくつかのルール(窓の大きさ、形、屋根の形、色、素材、サンメント、色の塗り方、などなど)の中でしっかりと計画されている印象。
誰がこの最初のルールを作って徹底させたのだろう?
その時に「俺はそんなルールまもらない。自分の好きに建てる」と言い出した人はいなかったのだろうか?またいたとしたらどうやって説得したのだろうか?
などと考えてしまう。w



ま、そんな小難しい話はおいといて、単純に写真見たら行きたくなりません?
エーゲ海の島はサントリーニ島とミコノス島が有名です。
でもそれぞれの島に個性があって、古くからの街並が残る地区やミロのヴィーナスが発掘された島、中世の歴史残るロドス島。エーゲ海の島々はフェリーでそれぞれを行き来しやすいのでいろんな島を点々とする楽しみ方も面白そう。
もし次に来るなら絶対一人じゃなくて、誰かと一緒に来たい!w


残りの写真はフリッカーからガッツリ見てください。




さて、ようやく怒濤のブログ更新作業が終了しました。
これでギリシャ編終わりです。
これから当初は船でイタリアバーリ→ドブロヴニクの予定でしたが、お金もかかるしアドリア海を往復するのももったいないので陸路でアルバニアのティラナ経由でコトル→ドブロヴニクに行く事にしました。
運良く同じルートを行く日本人とサントリーニ島の帰りにであったので。

http://azutrip.blog101.fc2.com/blog-category-20.html
ギリシャ編はここをクリックです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。