スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

イタリア03-カプリ島・青の洞窟-

2010年05月31日 - イタリア

_5270043
青の洞窟で船を漕ぐイタリア人

ナポリに来た主な目的はピッツァ!ボンゴレ!カプリ島!
ということで、真っ先にカプリ島に行ってきました。というのもナポリは2泊だけ。

_5270030


青の洞窟ってなんで青いのか写真じゃあんましわかんないですよね?
俺はわかんなかったです。
行ったら、わかりました。

単純です。水が青いんです。
いや、でもこれって普通に日本で見てる海の水じゃ全っ然イメージできないですよ。
で、真っ暗な洞窟の中に水面ギリギリのラインから光が入ってくる(たぶんここも結構重要なポイント)
そうすることで水中がライトアップされてる感じになって、青い。

それだけなんですけど、人工的に作れちゃいそうですけど
それでもやっぱこの青は綺麗だったなー。
ビックリしたのは、洞窟が想像以上に小さかった事。・・・いや、むしろ小さいことなんてこれっぽっちも想像してなかったから余計ビックリした。w

_5270020
これが入り口の様子。
バスで洞窟まで行けるかわかんなくて、行き方もわかんなかったから船でカプリ島一周ツアーに参加しました。w
まぁ、これはこれでよかったけどちょっと出費が・・・14ユーロ。青の洞窟入場料は別。
で、地上からと各ツアー客とで大混雑。w

_5270026
ここ入り口です。

_5270027
わかります?入り口。めっちゃ狭いんですけど、操縦する人はそれはもう鮮やかに、するっと入って行きます。
波と呼吸を合わせるんですね。我々乗客は寝っ転がります。頭打っちゃいますから。

で、中に入ったらみんななんかの歌を歌ってくれます。w
_5270038
自然って凄いですよ。
いまはネオンとか電気あるからこういう状況って擬似的に再現できるし、似た様なの見たことある錯覚に陥りますけど、電気もなにもない時代の人がここ見つけちゃったらそれはもうヤバいでしょうね。

_5270069

島一周クルージングはこんな感じで、どっかの学校の遠足みたいなのと一緒でした。
陽気なイタリア人とダラダラの生徒。w

P5270066
ドブロヴニクの時の様なピンぼけ写真を。w


カプリ島は世界一周出る前に仕事先の上司におすすめをリストアップしてもらってたときに「うーん、青の洞窟は行ってもいいかな?」とちょっと意味深な発言を受けました。w
行ってみて、まさにこの発言の意味がわかりました。
行ったら行ったで感動するし綺麗だけど、わざわざ日本から大金はたいて行く場所じゃない。というかんじです。
もし同じ金額だせるなら、サントリーニかドブロヴニクをお勧めします。個人的には。

でも、ナポリのピッツァとボンゴレはものすっごく美味いですからその辺含めると難しいですけどね。
イタリア周遊の1つとしてなら全然アリです。日本人ツアー客ももの凄く沢山います。





いまフィレンツェにいます。
やっぱ街の印象ってのは泊まってる宿に寄って左右されちゃうんですかね?
フィレンツェは宿の居心地がいいので、既にかなりいい印象です。w 逆にローマはイマイチで体調も悪かったし天気も悪かったので・・・・w
体調は少しずつ回復傾向にあります。
と、いうわけで今日もクリックお願いします!w
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。