スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

イタリア07-フィレンツェのおすすめ宿 Emerald Palace B&B-

2010年06月03日 - イタリア


_5310085
いまフィレンツェの写真をUP中です。
街の記事は書けないので宿のことについて書きます。

泊まったところはEmerald Palace B&Bというところ。
このB&Bという意味を知らずに予約したんですが・・・
_5310059

B&Bというのはイギリス発祥の形態らしく、要は「Bed & Breakfast」の略。
「寝るとこと朝食つけるから他の事は期待しないでね!」という意味が感じられます(個人的に)
【B&Bは家族経営による小規模な宿泊施設である。by wikipedia】

さて、宿の種類もいままでいろいろあったなーと改めて。
ホテル、民宿、ゲストハウス、ホステル、SOBE、ユースホステル、B&B、友達の家、
あとはまだ泊まった事ないけどカウチサーフィンとか。


で、今回のとこはHostelbookersかなんかでレビュー数7くらいで正直ちょっと不安でしたが
ついた瞬間から「あたり!」感満載でした。

1泊ドミトリーで21ユーロ。
朝食付き。(食パン、ジャムやクリーム類、紅茶、ミルク)
wifi無料で感度良し。
立地は中心から歩いて直ぐ。(駅やドォーモから歩いて10~15分)
シャワーも文句の付けようがない。
清潔!冷蔵庫&トースター&お湯使える。

と、良い条件。

アクセス方法はこんな感じ
『WALKING: We are only a 10 minute walk from S. Maria Novella Train StationBY TRAIN:As you exit Santa Maria Novella through the main entrance, turn left, cross the two sets of traffic lights towards the McDonald’s, take the first street on your left, Largo Fratelli Alinari, continue up Via Nazionale, straight on up Piazza Indipendenza onto Via di Santa Caterina d'Alessandria. Cross Viale Spartaco Lavagnini onto Via Poliziano8.We are located at no.8 Via Poliziano at the corner of Lorenzo Il Magnifico and Via Poliziano. It is a white building with big wooden doors. Please ring the door bell at the bottom and then we will open the door. We are on the top floor, please take the elevator.If however you arrive directly to the Firenze Airport, simply grab the shuttle bus or the nearest train station and keep this information with you.』

問題は最後の方で、no.8 Via Poliziano at the corner of Lorenzo。
だって地図でさしてる場所と明らかに違うから。(でも過去の経験上、この手のサイトの地図はよく間違ってるので文面を信じる事に)
あとは、この交差点の8番の大きな木製のドアを探すだけ。
そもそも、普通に看板でて1階がEmerald Palace B&Bだと思ってたから
「ない!ない!」
って最初ちょっと焦った。
We are on the top floor ですって。

「エレベーター使って上がって来てね!」書いてるエレベーターが、こちら。
_5310007

おお!どこかで見たぞ!この古さ。マルニ木工のショールームだったかな?

こんな感じで、要は一般の建物の中にある宿なのでその雰囲気も楽しめるってのが個人的には良かった!

で、チェックインしたらすぐに始まったのが地図を使っての周辺の説明。
こんなサービスがあるのはあのステキホステルだったソフィアの「ホステルモステル」以来!
早い英語で(ここのスタッフ英語が上手い。)説明してくれました。
スーパーの場所とかも教えてくれる。これは嬉しい。

あー、もう1泊ぐらいすればよかったな・・・とちょっと後悔。
ちなみに宿泊者層は日本人は私一人で、あと欧米人と韓国人か中国人のどちらかのグループ。
(しゃべらなかったので)
パソコンあると宿泊者同士のコミュニケーションが減るのは少し問題だなーとはおもいつつ・・・

次の記事はちゃんとフィレンツェについて書きます。



ランキング上昇して13位です!ありがとうございます。
更新・非更新の結果が如実にクリック数に出ていて焦ります。w
クリックよろしくお願いします。

最近の心配事はインドから送ったものがまだ届いていない事。
保険かけたからそろそろ問い合わせてみようかな。1ヶ月経つし。地方から送ったからなー。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。