スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

イタリア10-フィレンツェ・街中散策と美術館注意事項-

2010年06月04日 - イタリア


P5310092
思い出したんですけど、こういうピンぼけ写真って杉本博司さんのパクリっぽいですね。
初めてあの人のピンぼけの写真見た時全く良いと思わなかったのに不思議です。かれこれ5年前の話


さて、やっとフィレンツェの本題です。
記事の数が多いという事はいまいるヴェネチアで時間的余裕があることと、フィレンツェが気に入ったんでしょうね。



_5310090
最初の写真はドォーモの屋上から。
この写真はドォーモの屋上の壁。酷くないですか?ここに上がってくるまでの階段の壁にもこういうのいっぱあるんですけど、カップルの書き込みも多い。日本人も多い。残念過ぎます。こんなところに二人の愛を書いてそれが本気で叶うなんて思ってるんでしょうか?この罰当たり!

さて、ドォーモはただ登るだけじゃなくて(登るのだって結構疲れるんですけど)内部の天井画がかなり圧巻。_5310078

おおおお!ってその巨大さに圧倒されます。ここは通路も狭いのでみんなが「おおおお!」となって写真撮るもんだから渋滞が出来ます。w

_5310036
これがドォーモの外観。素晴らしいです。

_5310097
通りを歩いてるとチョークでモナリザ描いてる人いました。

_5310062
こういうただの露店の本屋も絵になりますねー。

_5310017
ここ何かわかります?アカデミア美術館の入り口です。ミケランジェロの代表作「ダヴィデ像」があります。
夕方閉館間近に行った為か人もそれほど多くなく、ゆっくり見れました。
いまwikipediaみて知ったんですけど、数百年の汚れを落とすのに和紙が使用されたんですね!

ダヴィデ像は圧巻でした。すごいパワーです。見れば見る程、制作過程を少ない想像力で想像する程にそのパワーが溢れて来ました。
さすがに「ふ~ん」では終わらなかった。「すげー!」ってなります。
ただ、この美術館の他の作品の扱いはとても良いといえる状態ではないと感じました。展示数が空間に対して多過ぎます。位置も高いしライトの具合もイマイチ。


_5310040

_5310123

_5310120
街並はこんな感じ。観光地ですが、ヴェネチアよりは生活臭が感じられます。


_5310131
たまにこういう異常に込んだ店が出現します。
こういう店は信用できますよね?安いか、めちゃくちゃ美味いか。その両方か。
ここはパニーノ屋(サンドイッチ)で2.5ユーロ。
20種くらい種類があって選べるのですが、一番スタンダードな生ハムチーズを頼みました。
_5310132
美味かった!


さて、フィレンツェのメインといえばダヴィデ像とウッフィツィ美術館。
_6010160
数多くの有名な絵画が展示されています。
必見ですね。
私は日曜日の夕方に到着したため、当日はダヴィデ像のアカデミア美術館のみ。
で、月曜日は美術館は休館です。
これにやられました。

もう一度いいます。月曜日は美術館休館です。

え?当たり前?いやそうなんですけど。うっかりしてました。
そしてもう一つ注意事項。

予約しましょう!
イタリアでは主要美術館に入館の際、予約する事が一般的みたいです。

予約しないとどうなるか?

私は3時間並びました。
朝9時から12時まで。時間も悪かったかもしれませんが、鉄道の時間的にギリギリでした。
もし予約しない場合は夕方以降の方が良いかもしれません。入館は閉館の1時間前までとかだと思うので、そのあたり考えて行きましょう。
ちなみに、内部はかなりの作品数なので駆け足で見ても1時間かかりました。
じっくり見れば1日過ごせると思います。中にバール(カフェ)もありますので。

個人的に気に入ったのはウルビーノのヴィーナス『Venere di Urbino』
肌の質感と眼の生き生きとした感じに引き込まれました。

本当に作品数が多いので(展示室だけで40以上!w)欧米人ですらメイン以外は流して見てます。
ちょっと他の作品がかわいそうなくらい。

気合い入れて行きましょう。

おまけ
_6010151
フィレンツェにはこんな感じの可愛い教会もあります。これはこれで良いですね。





これでフィレンツの記事終わります。
次はヴェネチアですね!
この記事書いてる時に、美術館の予約サイトを調べてたら偶然ミラノの最後の晩餐に空きがあることが発覚して急遽予約しました。
キャンセルでも出たんですかね?基本的には1ヶ月先まで予約で埋まってるみたいですけど。

今日も読んでくれてありがとうございます。
とりあえずポチッと押してくれると嬉しいです。
 ↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。