スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

盗難の件について-状況説明と事後対処について-

2010年06月08日 - 未分類

_6040090
写真はブラーノ島の。上のPhotographから見れます。

いま世界はiPhone4の発表に沸き立ってますね。
さて、ちょっと落ち着いたので(精神的に)状況を書いておこうと思います。
再発防止とこれからヨーロッパに来る人の為に。

1.発生場所と状況
2.その後の対応(カード止めたりなんやら)
3.ミラノ警察の対応


以上3点。
では以下・・・
1.発生状況
場所はミラノ中央駅近くのバス停。時間は21時ごろ。(まだ明るい)
バス停に1人でバスを待ってた。
小さいバスが通り過ぎた後にイタリア人(っぽい人)が小走りでやって来てキョロキョロして
携帯電話の時間見せながら「バス行っちゃた?」みたいなことを話す。
英語じゃないから意味わかんないけどたぶんそんな感じ。
「ごめん英語しかわかんないわ。でもバスなら行ったよ」と説明してあげる。
「そっか。ありがと!」
で、小走りで去ってく。

振り返ると足下に置いてた荷物がありませんでした。


後になって思うと怪しい点いくつか。
1.男が小走りでやってくる少し前にもう一人近くに男がいた。しかし俺が振り向くとそいつは「ああバス来てないんだくらいの感じで引き返して行く。(というわけで顔はわからない。おそらくこいつが持っていった。)

2.バス停には壁があって、後ろからは近づけない(後ろから手を伸ばしてバッグを持って行く事は不可能)と思っていたから安心していた。

3.携帯電話で時間を見せて来た男は私から少し離れた位置で電話を見せた。文字が読みにくいので1~2歩前に動く。足下のバッグはそのまま。・・・というわけでバッグから少しだけ(しかも時間にして30秒もしない)離れただけ。

なのにも関わらず見事にバッグは無くなり(目を疑うとはまさにこの事)、
しかもあたりを見渡しても怪しいやつはいない。
手際の良さが素晴らしかった。(ある意味感動)

そして電話を見せて来たやつを追いかけるも、全く見つからず。
周りに車を止める場所はいくらでもあるので、たぶんその中のどれかで速攻移動したのだと思う。


まぁ体からバッグ離すなよ!って言われたらそうなんですけど。
みなさん気をつけましょう。手品みたいです。本当に。
人間の行動心理などを上手く研究してると思いました。プロですね。


2.その後の対応
バッグの中に入っていたもので、重要なのがいくつか。
iPhone クレジットカード(マスターカード) キャッシュカード(三井住友国際キャッシュカード)
の3つ。

カードはカード会社に連絡します。
番号の控えをしていませんでしたが、ネットで緊急連絡先を検索→マスターカードに連絡。
ちなみに、パソコンは無事なので宿のwifiを使ってスカイプから連絡しました。国際電話も安いし。

マスターカードの24時間緊急対応は英語なので「Japanese please」とお願いすると通訳の人が入ってくれます。
で、いろいろ質問に答えて「とにかく止めてくれ」という旨を伝えるのですが、なぜかUCカードの人に繋がれてしまい
「え?UCカードさんでは三井住友のマスターカードは扱っていない?じゃあなんでここに繋げられたの?」
と意味の分からない対応。
でもこのUCカードの人が良い人で、三井住友の緊急連絡先を教えてくれました。

その後、三井住友に連絡後、国際キャッシュカードとマスターカードを停止。
幸いどちらも使われて無く、問題ありませんでした。
これが事件発生から1時間後くらい。
一応実家の方に再発行用の書類を送ってもらいました。

で、iPhoneですがソフトバンクの契約を停止しなければいけません。
これはソフトバンクのHPから出来ます。音声に従っていくつかボタン押すだけ。
オペレーターにすら繋がらずに停止できました。これで変に電話をかけられて莫大な料金を請求される事もない。
Mailではアカウント登録をi.softbankとGmailでしていて電波無くてもwifiに接続して見れますが、日本語なので問題ないでしょう。

というわけで、(我ながら)かなりの手際でもろもろのリスクを回避。
このカード会社とのやり取りで、日本が誇るべきは『サービス』だなと思いました。
民間企業のサービスでもジャパンクオリティは、いままで廻ったどの国よりも凄いです。


3.ミラノ警察の対応
ホテルのマネージャーに「警察行きなさい。ミラノ中央駅の。あそこは英語が通じるから」と言われ、
ミラノ中央駅に。事件の現場とも近いですし。

ホームの端っこにポリスステーションはあって、先客2名。
最初の中国系の人が妙にモメテて長かったけど、次のイギリス人女性は30分ほどで終了。
(彼女は携帯と常備薬を盗られたとのこと。薬は困るでしょ!)

派出所の中に入ってする事と言えば、パスポート見せて、状況を軽く(本当に軽く)説明して、用紙に諸々を記入してしばらく待つだけ。
バッグの中身も具体的に聞かれなかったし、いつまでミラノにいるの?とも聞かれなかった。
・・・ということは鼻っから見つからないでしょ!って思ってるってこと。
保険入ってるんでしょ?用紙が欲しいんでしょ?
そんな対応が見て取れる。まぁ、実際多いんでしょう。
私が並んでた間にも2組来ましたから。午前中だけで5組です。


というわけで、旅が終わった後に一生ものの宝になる予定だったモレスキンのノートは見事に無くなってしまいました・・・・


でも、私は元気です。
怪我一つなく、ピンピンしてます!
(そういえば、日本出てから日本の友人がタロット占いで私の運勢を占ってくれたんですけど「盗難に注意!」って言われてた。タロット怖い。)



盗難の前回の記事のアクセス数が半端じゃないです。w
ありがとうございます。でもクリック数が全く伸びてません。
少しでもかわいそうと思ったらクリックして行ってくれると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

おひさしぶりです!

「チキュウヒトマワリ」ヤマダミキです!ご無沙汰してます!でも読ませていただいてポチしてましたよ~。
盗難、災難でしたね!(><)iphoneとられたのは痛すぎます!!
でも、前向きにつぎの旅に進もうとしてるところが素晴らしい~!
私も近日旅を再開するのですが、エリアも似てるので(トルコ、ギリシャ、イタリアメインのヨーロッパ周遊)
かなり注意力に力がはいりました!しかし、みんなアカデミー賞もんのアクター揃いということですね~。先進国だと気がゆるみそうですが、注意必要ですね。詳しい状況報告ありがたいです!ありがとうございます!
そして、引き続き旅をがんばってくださ~い!!
  • 2010-06-09 |
  •  ヤマダミキ 
  • URL
  • edit ]

Re: おひさしぶりです!

お久しぶりです!ついに旅を再開するんですね!
個人的にインド乗り切って「よっしゃ」みたいに思ってたとこでもありましたから。w
逆に都会の方がこういう危険は多いかもしれないです。気をつけて!
私はヨーロッパ短くして南米に飛んじゃうかもしれません。南米は首締め強盗とか出るみたいですからね・・・
  • 2010-06-10 |
  • アズノタダフミ
  • URL
  • edit ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。