スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

イタリア16-ミラノ・最後の晩餐の予約方法など紹介-

2010年06月12日 - イタリア


img20090413113944112.jpg
(内部は撮影禁止でしたのでwebから拾ってきました)

イタリアの大商業都市ミラノですが、ここでメインになるのは通常だとレオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐でしょう。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の食堂の壁部分に描かれたダ・ヴィンチによる油絵作品です。
最も有名な絵画の一つでしょう。

で、この有名な最後の晩餐ですが、なんと予約しないとまず見れないという。
バックパッカー的ノリで「あ、今日は最後の晩餐見に行こう」とかいう軽いノリじゃまず見れない。
1ヶ月前から予約が埋まってる事なんて結構あるみたいです。
結構面倒くさそうなこの予約方法ですが、今回は簡単な感じのところを紹介します。

VIVA TICKETというサイトを使います。
http://www.vivaticket.it/evento.php?id_evento=298097&op=cenacoloVinciano

このサイトの左にあるカレンダーで緑色になっている日付が予約可能な日です。
いま見てみたところ、ヨーロッパの旅行シーズンなのか6月7月8月は埋まっていました。

バックパッカーには無茶な話ですよ。数ヶ月先の予約を取るなんて事は。

で、私はどうしたかと言いますと・・・・

運が良かった

だけです。w
フィレンツェあたりで10日後くらいの予約を取ろうとサイトを覗いた時には既にかなり先まで埋まってたんですが、
ヴェネチアで再度見た時になんと3日後の日の13時~だけ緑色!
半信半疑のまま画面を進めてクレジットカード決済まで済ませました。
実際当日行った時もちゃんと予約できていたわけです。

ということは
数日前にキャンセルが出る可能性がある!
ということです。
日本人ツアー客もダヴィンチコードの影響かかなりいます。
もしかしたらツアーをキャンセルした日本人の分を旅行会社がきちんとキャンセルしているのかもしれません。

なんにせよ、私は(おそらく)キャンセルで申し込めたので可能性はゼロじゃないと言う事です。

ちなみに各回25人で15分の閲覧。
最後の晩餐に至るまでに数カ所のドアを通ります。
これはフレスコ画ではなく油絵で描かれた最後の晩餐の損傷が激しいため、湿度・ホコリを厳重に管理して絵の損傷を最小限に抑える為のものです。
予約さえできれば15分間少人数でじっくりと鑑賞することができます。(音声ガイドは日本語もあります)


もし、「お金に糸目はつけないから最後の晩餐を見たい!」という人がいましたら、日本からこの閲覧コミのツアーを予約するか、現地で数十ユーロする最後の晩餐コミのツアーに参加する事で見れるみたいです。

『現地でキャンセル待ちが出るまで待つ』というのは現実的ではないように思いました。
私がいた感じではそういうキャンセル待ちをしている人は一人もいませんでした。
受付にも無情にも『SOLD OUT』の文字が大きく掲げられています。
それでも駄目元で来る人が多いみたいで、欧米人のおばあちゃんから「あなたそのチケットどうやって手に入れたの?」って聞かれて「1ヶ月前にインターネットで予約しました。」(←いや嘘なんですけどね)って答えたら「やっぱそれくらいじゃないとダメよねー」みたいな感じで残念そうでした。


というわけで、どうしても見たい人は1回見て諦めるんじゃなくて何度も覗いて見るともしかしたら・・・・ってことがあるかもしれません。(責任はもちろんもてませんけど)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

そうなんですねっ!

絵に予約とは初耳っ!
とってもためになる情報ありがとうございます(^^)
つい最近ダビンチコードみたばかりだったので、この絵には熱く興味もってました!
しかし、ラッキーでしたね!
こないだのアンラッキーをちょっと取り戻しちゃいましたね~♪
  • 2010-06-13 |
  •  ヤマダミキ 
  • URL
  • edit ]

Re: そうなんですねっ!

あとフィレンツェのウッフィツィ美術館も予約できるならした方が良いです。
ハイシーズンなので下手したら結構並びます。私は一番運悪いタイミングで3時間並びました。

ちょっと取り戻しましたかねー。w
  • 2010-06-14 |
  • アズノタダフミ
  • URL
  • edit ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。