スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

スペイン01-バルセロナ・ガウディ作品に会う01サグラダファミリア-

2010年07月10日 - スペイン

P6260021
パリからスペインのバルセロナまで移動しました。
ユーロラインで90ユーロくらい。
バルセロナと言えばアントニオガウディの作品が数多く存在する街。
サグラダファミリアを筆頭に、グエル公園、カサミラ、カサバトリョなどなど。

まぁはっきり行っちゃいますけど、まさかここまで凄いとは思いませんでした。
パッと見だけで感動し、読み解くとさらに感動します。
空間の豊かさとか。サグラダファミリアなんか、ヨーロッパでいろんな大聖堂見て来たけどそういう中でもダントツに凄いと思った。全然違う。
これは人類がこれだけの時間もお金もかけてつくるのに値すると、見ればわかります。
_6260061
サグラダファミリアはファサードが有名ですが、内部はもっと凄い事になってます。
いままでの大聖堂では見られない、非常に有機的な構造を持ち、それらに巧みな装飾が施されています。

_6260039
内部はかなり完成に近づいています。
2010年中に内部は完成して来年からは教会として機能しだすそうです。
楽しみ!ちなみに全体の完成予定は2030年。

_6260044
ステンドグラスの光も綺麗に入って来ます。こういう光の加減は時間帯に寄って変化するのでいつ行っても楽しめそう。

内部を見たら、地下に博物館があるので忘れずに見ましょう。

_6260071
地下の博物館の中で興味深かったのを紹介。
まず立面図。

_6260077
サグラダファミリアの構造的裏付けを実証する模型。とそれを反転させてみる事ができるように設置されたミラーの展示。

_6260074
そしてこれは模型。
壁が取り払われ、内部の構造を全体的に見ることができます。

この博物館を見ると、ガウディが感覚だけではなくてちゃんとした数学的裏付けを元にデザインを決定して行っていることが垣間みれます。

バルセロナに来たら絶対行くべき。
そして絶対中に入るべき。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

お久しぶりです。以前トルコのパムッカレで会ったえりです。順調に旅行されてるようでよかった!

サグラダファミリア、私が行った2007年より大分出来上がっていて驚きました!また行きたいなぁ
  • 2010-07-11 |
  • えり
  • URL
  • edit ]

Re: タイトルなし

久しぶり!
順調です。お金以外は。w
サグラダファミリアやっぱりちゃんと進んでるんだ。頑張って欲しいところ。
  • 2010-07-12 |
  • アズノタダフミ
  • URL
  • edit ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。