スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

スペイン03-バルセロナ・市内散策いろいろ『考える牛』など-

2010年07月11日 - スペイン


_6280323
twitterで「バルセロナのどこかに考える牛がいるから探してみ」って言われて、探しました。必死に。
でもわからなかったので、ググってようやく発見!見つけたときは感動しました。w
ま、ただの牛の像なんですけどね。

バルセロナの地下鉄では
「自分のお手荷物に十分ご注意ください」
日本語でアナウンスが流れます。
それだけスリが多いということ。もう私は盗られません。
_6260092
ここはサグラダファミリア前のマック。
なんと内装がモザイクタイル。w

_6260159
これもガウディの作品、カサミラ。
街を歩いてると見つけれます。普通に大通りにドン!と。

_6270177
これもガウディの作品カサバトリョ。
おすすめはこの通りを挟んで向かいのマック。
スペインではコーヒー(カフェラテ?)とドーナツで1ユーロで頼めます。
是非テラス席に出て、ゆっくりコーヒーでも飲みながらガウディ作品を堪能してください。安く贅沢!

_6260134
ここはカタルーニャ広場。スペインっぽいですか?
この通りの1本北西側に大通りがあって、そこに噴水があるんですけど、その噴水の北西側に例の考える牛があります。牛は何を考えてるんでしょう?w

_6260164
私がいた時に『国際的ゲイとレズヴィアンのフェスティバル』なるものが開催されていました。
なので街を歩いているとペアルック着てる体格の良いオジさんとかよく見かけます。w

_6280312
そのパレードはこんな感じです。かなりヤバい。異様な光景です。
それを取り巻くお客さんも基本的にはそっち系。目つきが違います。w

_6260115
あとは大道芸やってる通りとかあって、基本はどこの国でもみたことあるようなのでしたが
こいつは凄かった。タネわかります?俺はわかりました。人だかりの量もダントツ。

P6260157
街中にあるベンチもガウディ的なデザインだったりします。

バルセロナの観光的収入の大半はガウディに依存しているでしょう。
それだけ一人の人間がこの街に残した影響が大きいです。

スペインではビルバオという街がフランク・O・ゲーリーのグッゲンハイム美術館ビルバオによって一躍世界的に有名な街になりました。見所はこの美術館くらいです。
他にもいま日本では青森県が現代美術館を立て続けに建築し、地域活性化を計ろうとしています。
金沢21世紀美術館も金沢にいく理由の一つになっています。

一人の人間や、一つの建築、一つの美術作品が、一つの街を救ったりすることが出来ると。
そういう可能性は十分にある。少なくとも前例はあるわけです。
これは凄い事ですよね。

ガウディに魅了されてサグラダファミリアのファンになった人はきっと2030年以降、
もう一度このバルセロナを訪れるでしょう。
私も必ず来ると思います。
バルセロナの近郊には今回行けなかったダリ美術館もある訳ですから。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

大道芸のタネ気になる。おしえてー
  • 2010-07-12 |
  • がっきー
  • URL
  • edit ]

Re: No title

ネタ送りましたーw
  • 2010-07-12 |
  • アズノタダフミ
  • URL
  • edit ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。