スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

ヨーロッパを安く廻るコツと注意点

2010年07月14日 - 未分類


_7020068
ヨーロッパを1ヶ月半ほど廻ったので、日本にいるとなかなかわかりにくいヨーロッパを安く廻るコツを書き留めます。
(私が移動したルートは トルコ→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→イタリア→ドイツ→チェコ→ハンガリー→フランス→スペイン)
これからヨーロッパに行く人は参考にしてください。

一般的なバックパッカーの傾向としては
・ユーレイルパスは使わない
・LCCを活用する
・バスを活用する
・場合によっては鉄道を使う
・その他マニアックな移動手段


です。
ちなみにLCCとはローコストキャリアの略で、大手の航空会社に対してサービス悪いけど格安で飛べるよ!という航空会社のことです。日本でもANAが格安路線つくるとか、air asia は日本に参入するとかなんとか。
日本の航空会社はかなり遅れを取ってるのがわかります。
だってヨーロッパは少し前に予約すればどこでも30ユーロくらいで飛べたりするんですから。

【ユーレイルパスは使わない】
これは場合によるかもしれませんが、基本的には使いません。
使ってる人にもあいますけど、「買わなきゃ良かった」とか「元とらなきゃ」とか悩みのタネになります。

そもそもユーレイルパスはヨーロッパ圏では買えないのです。
他国からヨーロッパに入ってくる前に買わなきゃいけないと。
名目的には「海外旅行者のため」と言っていますが、個人的には「ヨーロッパに入ると移動手段の情報がいろいろ入ってくるから実はユーレイルパスが割安ではないことがバレてしまうから」だと思っています。

なので、バックパッカーにユーレイルパスの購入はおすすめしません。
例外としては「旅程がしっかり決まっていて、長距離移動が多く、列車移動が好きで、ユーレイルパスで元が取れる事が事前にわかっている人」なら購入してもいいかもしれません。
ま、旅程が決まっているなら後述のLCCを使えばもっと安く済む可能性が大いにありますけど。


【LCCを活用する】
ヨーロッパには本当に多くの格安航空会社があります。
それらの中でも良く使う会社を紹介します。
easy jetライアンエアーwizz airair berlinです。

この中でもおすすめはeasy jet!
一番おすすめしないのはライアンエアー!
air berlinは中南米からアフリカ大陸までかなりの範囲をカバーしています。easy jetなどと比べるとちょっと高いですけど。

ヨーロッパ内を飛ぶのであれば、これら3社を比較して検討、またskyscannercheap tikects.comlastminutes.comで検索して相互に比較するのをお勧めします。これらのまとめて料金比較してくれるサイトでもeasy jetなどが検索対象外になってたりします。

それぞれの特徴と注意点を紹介

・easy jet
とにかく安い!そして安いくせにサービスも悪くない。最低限は揃ってます。
私はブダペスト→パリと飛びましたが、機体も快適でした。e-ticketはプリントしてなくても問題なくチェックインできました。ヨーロッパ内であればかなりの都市をカバーしているので特に不便はしません。
おすすめ!
予約は早い方が安くなります。20ユーロとかでも飛べるとか。
私はブダペスト→パリは結構ギリギリだったので(出発の2日前とか)70ユーロくらいしました。

・ライアンエアー
安い!でもサービス最悪。ヤクザな会社です。
マドリッド→マラケシュと飛びましたが、e-ticketをプリントしてなかっただけで40ユーロの罰金をとられました。(予約の時点では70ユーロのチケットだったので結局総額110ユーロ。まぁそれでも安いですけど)
しかも、空港内にプリントできるパソコンとか置いてないので問答無用です。
たぶん1割くらいの人がプリントアウトしてなかったので罰金獲られてました。
この会社は安くチケットを提供する代わりに罰金で帳尻を合わせてる気がします。
でも、規則さえ熟知の上でしっかりと守ればもちろん罰金も何もないので便利です。
他には手荷物検査が他の航空会社より厳しかったり(サイズと重さ)、フライトの時刻が市内から空港までの始発じゃ間に合わなくて当然の様に空港泊だったり、ロンドンなどの場合はめちゃくちゃ遠くの空港発着だったりするそうです。使う際は十分注意してください。

・wizz air
主に中欧メインのLCC。実際に使った事はないですが、ブルガリア在住の日本人がおすすめしてくれたので間違いないかと。easy jet並みに安いです。

・air berlin
ミラノ→デュッセルドルフで使用しました。
サービスは普通の航空会社と変わらないんじゃないか?というくらい。でも安い。
ミラノ→デュッセルドルフ間で70ユーロくらいでした。
中南米も網羅しているので、以前中米行きを調べてた時にバルセロナ→カンクン(メキシコ)が500ドルくらいで飛んでました!安い。
easy jetよりは高め。でも路線的にeasy jetで無い時などに活用するといいかも?
あとヨーロッパから遠方に行く場合に。HPの路線の調べ方も簡単でわかりやすいです。


そんな感じでLCCの紹介でした。先の旅程が決まっているのであれば確実にお得です。
長期旅行だと予定はなかなか決まらないものですが、逆に「この日のフライトが安いから」という理由で決めるのも良いかもしれません。
これらチケットの手配もパソコンで出来るので、ヨーロッパを旅するのにラップトップ(ノートパソコン)は必須かと。


【バスを活用する】
中距離移動の場合や急に移動しなければならなくなってLCCの手配が出来ていない場合などに活躍するのがバスです。
日本と同様に鉄道よりも安価です。ユーロラインというバス会社がヨーロッパ全土を網羅しているため、きっとどこに行くにも困らないでしょう。
ネックなのは時間がかかる事と、LCCを安く手配できたときより全然高額ということでしょうか?

また、長距離バスの発着所などもガイドブックに紹介されていないケースが多いので探すのに少し手間がかかります。少し街の郊外であったりもします。(パリとか)

ちなみに料金はバルセロナ→パリで90ユーロ(この路線は高いみたい)、プラハ→ブダペストで30ユーロくらいでしょうか?
鉄道よりは安価で乗り換えも無いため、便利です。


【場合によっては鉄道を使う】
この「場合によっては」というのは、LCCでもバスでもなくあえて鉄道をチョイスする理由を探さないと行けないからです。
経験値から言うと、イタリアでは鉄道移動がおすすめです。
トレンタニアというイタリアの鉄道会社のHPで価格と出発時刻の検索ができます。
例えばナポリ→ローマで10.5ユーロで移動できます。発車時刻は結構正確なので便利です。
他には、ドイツでは週末乗り放題チケットというのがあり、ローカル線であれば35ユーロで週末乗り放題です。私はこれでデュッセルドルフからベルリンまで移動しました。ドイツの鉄道会社のサービスはかなりしっかりしていて、「週末チケットを使ってここからここまで行きたい」と伝えると、詳細の乗り換え情報をプリントアウトして渡してくれます。これはかなり助かります。またドイツでは「早割」みたいなのがあるとか。

という感じでお国柄であったり特別サービスが当てはまる場合は鉄道もなかなか使えます。私はドイツ以降は鉄道使わなかったですけど。


【その他マニアックな移動方法】
まずフェリー。これはそこまでマニアックというわけではないですが、アドリア海を横断する時など結構便利です。
また、エーゲ海の島々に行くのであれば必然的に利用する事になります。「デッキ席」というのがあるんですが、安いし快適なのでこれで十分です。5~6月ですとまだ寒いかもしれないので(デッキと言ってもちゃんと屋内ですけど)なにか羽織るものがあると良いかと。

あとかなりマニアックなのがドイツではカーシェア文化が発達しているみたいです。
「俺、この日にここからここまで移動するんだけどだれか便乗しない?1人いくらで」みたいなことが日常的に行われているとの事。これだときっと安いです。
日本でもフジロックとか行く時にmixiとかでありますよね!あんな感じです。
でもやり取りはドイツ語かも?あと初心者には結構面倒くさそう。



こんな感じでまとめてみました。
これからヨーロッパを廻る人は参考にしてみてください。
なかなかこういうことってちゃんと紹介してくれてる本とかないですよね?あります?
ちなみにこの記事は2010年5月~6月を旅した内容です。変更などあるかもしれません。
「もっとこんなおすすめの方法がある!」など情報持ってるひとがいたらコメントください。
他の人の為にもなりますので。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

すごい参考になりました!
  • 2010-07-16 |
  • norinpop
  • URL
  • edit ]

とても参考になりました!

とても参考になります!事前にこういう事は調べないといけないですね(T_T)
情報ありがとうございます
  • 2010-07-19 |
  • ドイツの女性
  • URL
  • edit ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012-12-18 |
  • edit ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。