スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

タンザニア04-ザンジバル島・ストーンタウン-

2010年09月14日 - タンザニア


_9020260.jpg
マライカゲストハウスに3泊して(本当にあっという間だった)、4日目(木曜日)は夜行のフェリーでダルエスに戻ることに。金曜日のタンザン鉄道のチケットをもう買ってしまっていたから。
ジャンビアーニからストーンタウン行きのダラダラ(ミニバスのこの地方での名称)を1時間ちょっと待って、ストーンタウンへ。
ここ、来た時は完全にスルーしましたが、世界遺産に登録されている街。
昔(と言ってもそこまで昔じゃない)アラブの商人達が奴隷売買の為に利用していたのがここ。なので南部アフリカなのに、ここはイスラムの色が濃く残っています。しかも奴隷達が収容されていた跡地にはキリスト教のカテドラルが建てられているなど、宗教が混合しています。それもいまこの街の魅力でしょう。

現在ラマダーン(断食)のイスラム教の色が強いこの島でも当然ラマダーン。ラマダーンはざっくり言うと、『日中なにも食べちゃダメ』ということで、夕方6時以降は沢山食べます。水も飲まない、凄い人は唾も飲み込まない・・・らしい。

街の中を歩いていると、懐かしのイスラム建築がちょくちょく現れます。
イエメン以来ですね、イスラム建築は。イエメン出るときに「10日後からラマダーンだよ」と言われて、助かったーって思ったんですけどね。w

_9020262.jpg
こういった路地空間もストーンタウンの魅力。治安は良いので平気に歩けます。これがダルエスやナイロビだったらちょっと・・・

_9020265.jpg
路地を歩いてるとまた現れるイスラム建築。


_9020267.jpg
影の感じが綺麗。


_9020272.jpg
ラマダーンでも市場はあります。子供は体に良くないので断食しないし、なにより断食明けの食事を作らないといけないから。
どこでも見る感じの野菜や果物を売ってるマーケット。

_9020279.jpg
子供が売ってるドーナツを発見!!!
これを買って、路地裏の方に移動して、こっそり食べます。みんなお腹空かせてて視線が痛いし・・・まぁマナーですよね。

_9020281.jpg
ザンジバル島は島なので魚介類が豊富です!
ここでは蛸も食べます。大きなロブスターも売ってました。
タンザニア米という米も水分が多く日本の米に味が似ているので、もしかしたらここは日本人が住みやすい場所かもしれませんね。


_9030293.jpg
6時を過ぎると次々に屋台が出て来ます。
みんなもの凄い量を食べる!私がチョイスしたのがこれ。
・・・イマイチでした。w しかも麺が甘いという謎。



ストーンタウンでマライカで一緒だったマライカゲストハウス創設者の一人の飯沢さんと本の編集者の浅野さんと出会い、ちょっとコーヒーでも・・・という感じでアラビアコーヒー。なんかインドのチャイみたいな気軽さがよかったなー。
飯沢さんは大学で授業も持ってるらしいので、帰国したらちょっと忍び込んで拝聴しようと思う。


_9030296.jpg

時間になったので夜行のフェリーに向かう。
ここで事件が!!
フライングホース社という格安フェリーが20ドルなんですけど、現地の人が教えてくれたフェリー会社がなんと15ドルで、それにしたら大変なことに。
まず到着が2時間程遅れて、乗り込む時もあり得ないくらいの混雑ぶり。難民船さながら。頭も力も使ってなんとか早く船に入り込み、席(というか夜行なので寝る場所)を確保したらあっという間に定員オーバー?外のデッキとか寒過ぎるし、床に雑魚寝もきっとシンドイ。危なかった。
それでもスペース小さいから体小さくして寝る。5ドルくらいの差だったら全然フライングホースで良かったと思った。

_9030297.jpg

まぁなんとか時間通りにダルエス港に着きました。
このあとテンガとカンガ(アフリカっぽい布)買って、タンザン鉄道に向かいました。タンザン鉄道でも事件発生するんですけどね。w





最後がちょっと残念な感じですけど、ザンジバル島本当に良かった。可能だったら10日くらい滞在したかった。島好きの人に言わせると、インドの東の沖にある島(アンタマン島?)とかタイのガイドブックにも載ってない小さな島とかもっともっといいらしい。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。