スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

ペルー03-クスコからマチュピチュへの行き方・帰り方-

2010年10月17日 - ペルー

_A130043.jpg

マチュピチュに行くにはクスコを拠点にするのが一般的です。
お金があれば豪華な列車に乗って行くんですけど、まぁバックパッカーやってる私たちはお金もないので出来るだけ安く行きたいところ。

そんな手段で有名なのが

コレクティーボ+徒歩

の2つを使って行く方法。

これらの行き方はペンション八幡の情報ノートに載ってるんですけど、八幡はwifiないし泊まらない人も結構いると思うのでここに書いときます。
_A130015.jpg

【行き方】

まず朝7時前に宿を出ます。

タクシーを拾って「サンタマリア行きのコレクティーボが出るところ」まで行ってもらいます。(3ソル)

_A130019.jpg

そこでコレクティーボ(乗り合いタクシーみたいなの)に乗ってサンタマリアに向かいます。(25ソル~30ソル。6時間くらい)
ちなみに、7時~8時の間がサンタマリア行きのコレクティーボに乗りやすいとのこと。人数集まり次第出発なので、この時間が人数が集まりやすいとのこと。

_A130025.jpg

サンタマリアから水力発電所(イドロ エレクトロ)行きのコレクティーボに乗ります(15ソルくらい。サンタテレサで乗り換えて水力発電所に向かうこともある。1時間半くらい)

_A130048.jpg

水力発電所からは線路に沿って歩きます。2時間半~3時間くらい。
マチュピチュ村到着はPM7時ごろでした。

_A130058.jpg

線路沿いはスタンドバイミーの様で楽しい(最後結構疲れるけど)し、コレクティーボで走る道もなかなか景色が良くて楽しい。

*私は上記の行き方で行ったんですが、最初のサンタマリアまでの行き方でバスで行く方法があるみたいです。それだと15~13ソルだとか。コレクティーボの発着場所とは違うので注意。バスで行った友達はコレクティーボで行く予定だったのにタクシーの運ちゃんに連れてかれた場所がバス乗り場で安かったからバスで行ったとか。



【帰り方】

帰りは元気があればまた水力発電所まで歩くのもいいですけど、私はヘトヘトだったので列車を使いました。

_A150289.jpg

昼1時20分発の列車に乗って水力発電所に向かいます。(8ドル?)

水力発電所に着いたら(2時着)コレクティーボやタクシーの客引きが沢山います。
ここで「クスコ直行」のコレクティーボが40ソルで捕まったのでそれに乗ることにしました。
クスコに着いたのが夜10時。アルマス広場で降ろしてくれました。



そんな感じです。
情報少ないように見えますけど、行けばこの情報でなんとかなります。
このルートで行く人はライトを必ず持って行きましょう。歩いてる途中で暗くなる可能性高いです。あと虫除け。ブヨがいて、かなり痒いです。注意!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

クスコ、来月か、再来月にマチュピチュいくので参考になりました!
ありがとうございます!!
  • 2010-10-21 |
  • ちゃらお
  • URL
  • edit ]

Re: No title

いえいえ、どういたしまして。お役に立ててよかったです!
クスコ、高山病に気をつけてくださいね。
  • 2010-10-30 |
  • アズノタダフミ
  • URL
  • edit ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。