スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

ペルー05-マチュピチュ・インカ橋・太陽の門-

2010年11月01日 - ペルー


_A140233_20101101000131.jpg

ワイナピチュに登ってマチュピチュまで戻って来たのが10時くらい。
さすがに疲れて結構すでにへろへろ・・・

でもちょっと元気出してマチュピチュ内を散策。
日本人団体ツアー客を見つけてちょっと付いて行って日本語ガイドを聞いたり。
「この部分は春分の日と秋分の日の影がこのヒビに丁度さしかかるんですよ。」
ほぉほぉ。なるほどw
こうやってガイドの盗み聞きって結構大切だったりします。いやほんとに。
_A140230_20101101000133.jpg

マチュピチュって全部が全部精巧な石造りってわけじゃなくて、結構雑に(というか普通レベルで)作られてるところもある。そうやって見て行くと信仰的に重要だった部分とかはしっかり作られてる。なるほどなるほど。


_A140189.jpg

この部分とかは結構しっかりしている。


_A140187.jpg

遺跡の中を見て回るのも当時の生活とかに想像を含まらせて楽しいけど、やっぱりマチュピチュは離れて見て周囲の自然と溶け合ってる感じが良い。


マチュピチュ周辺にもちょっとした遺跡があって、行って来た。
インカ橋と太陽の門。どちらも歩いて20分~30分くらい。


_A140223.jpg

インカ橋への道は景色の変化が楽しい。
絶景が広がり、眼下に現代的な街並も見える。

_A140224.jpg

インカ橋自体は「え?これ?」ってくらいしょぼいけど、道中楽しめたから満足。



太陽の門はもう体力の限界で行くの止めようかと思ってたけど、タカさんが「よし!行こう!」みたいな感じで、じゃあ行こうかな・・・みたいな。一人じゃ絶対行ってなかった。
(世界のマチュピチュに来てそのモチベーションどうなの?とか思わない。本当にキツかったw)

_A140257.jpg

こっちの道中はインカ橋程じゃないけどなかなか。
遠くの方からマチュピチュを見ることができるのも味があって良いかも。

_A140260.jpg

太陽の門って別に門がある訳じゃないんですね?w
着いた頃にはヘロヘロもヘロヘロでしばらく動けなくて日陰で休憩。
ビスケット食べて、そのエネルギーがちょっと燃えだすと少し元気が出て来て、
「じゃ、戻りますか?」
みたいな。



帰りは行きにバスで登って来た道を階段でショートカットしながら降りる。
一昔前は「グッバイボーイ」と呼ばれる少年がこの階段をバスと同じスピードで駆け下りて行ったという場所。
いや、そんなこと無理ですから。マジで。
思ったより長くて、「ああ、行きはバスを使って本当に良かった」って思った。

_A140271.jpg

階段を降りきったところにある看板の前で。
元気を振り絞ってこの顔w



村に戻って、とにかく「コーラ!コーラ!!」って。完全に中毒者。
マチュピチュの上はコーラが7ドルもするんですよ。とても高くて買えない。なのに体は過去最高にコーラを欲している。そんな感じ。
結局この日は軽い脱水症状になってたのか、あれだけ利尿作用のあるコーラを2L以上飲んだにも関わらず小便に行きたくなかったという。どれだけ体はコーラを吸収してるんですか?w


まぁ、そんな感じで最後はコーラ欲MAXだったマチュピチュ観光。
しかし行って良かった。舐めてましたマチュピチュ。さすがです。世界的に人気があるだけありますね。

マチュピチュで面白いことに現地の人に結構写真をせがまれる。
「私と一緒に撮ってください。」みたいなのが本当に多かった。
なんで?って聞くと、「珍しいから」とのこと。みんなモジモジしながらくるから可愛い。
ま、日本人だからってよりは東洋人全般誰でも良い感じでしたけど。

そういえば中国人の観光客はここにも出没していて、相変わらず高価なデジタル一眼に高価なレンズぶら下げてやって来てました。彼らは凄いですね。




マチュピチュ編これで終わりです。
次はリマに移動していよいよサンフランシスコ村の話に入ります。
ランキングに参加しているのでよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。