スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

台北04-物価-

2010年02月01日 - 台北

台湾の物価について。

まず通貨。
台湾ドル(NT$)または元で表記され、1元は日本円で3円くらい。

宿の近所の庶民向け食堂の小龍包4つ25元は日本円で75円ほどということ。


全体的に街を歩いてみた物価の感覚としては、日本(東京)の1/3くらい。福岡基準にしたら1/2くらい?
ただ、スタバやミスドなどの外国チェーンの価格は半額~2/3くらいかな?

今日wi-fiを使用する為に入ったコーヒーチェーンのMR.BROWN COFFEEはパスタとコーヒーとスープで220元。
そんなに安くない。

一方、宿の近くの食堂は豆乳スープ、小龍包(4つ)、卵と餅を焼いたやつ(下写真)で72元。
これで72元。


台湾の大卒初任給は、104人力銀行の統計によると今年は平均で台湾元2万7200元。
日本円なら約7万9000円。
(ちなみに日本の大学卒事務系の全産業の平均初任給は20万8306円です。2009年。)

こう考えると、街を一通り歩いてみた物価の感覚というのはなかなかの正確性があります。


交通費ですが、地下鉄(MRT)だと近場で(悠々カードを使用)16元とか。48円ですね。
(悠々カードを使用しない場合20元。悠々カードは20%引かれるらしい。)

タクシーも安いらしいです。乗ったことないのでわかりませんが。

バスも安いです。地下鉄くらい。

映画はいまちょうどワンピースが始まったばかりらしく中国字幕とのことで見に行こうと調べたのですが(おい!w)
200元~300元くらい。早朝割りなどがあります。


雑誌(ファッション雑誌)は大きく分けて3カテゴリーほど。
1.台湾(香港)の雑誌
2.日本の雑誌を中国語訳
3.日本の雑誌を日本語のまま

_1310127
日本の雑誌を多く扱っているお店の看板『流行最前線!』
どうやら台湾の最先端は日本のようです。
台湾の若者ファッションについてもまた書きます。

雑誌の金額は日本の雑誌は台湾の雑誌の3倍の値段がします。
日本の定価よりも高いです。
_1310128

それでも売れるんですね。


美術館の値段
台北現代美術館は大人250元。
台北現代美術館は大人50元。でした。

故宮博物館は私が行ったのは土曜日5時以降だったので無料でした。
ちなみに美術館も土曜日5時以降は無料だったみたいです。

台北101の展望台チケットは400元。

マッサージ30分300元。日本だと10分1000円くらいですか。


ちょっと戻って、コンビニのジュースの値段
小さいコーラ。15元。味が違うことにビビる。
この小さいコーラで15元。大きいの(500ml)で25元とか?
ちなみにコーラの味は全然違います。私は日本の方が好き。


さてさて、なんとなく物価がわかってきましたか。
泊まっている宿はゲストハウスのドミトリーで1泊400元。

ざっくり1日にかかる費用を計算してみましょう。
400(宿泊費)+450(食費。おおよそ。)+100(交通費)=950元

まぁ、3000円くらいかかってしまう計算になります。
ちょっと予算オーバー気味。

アジアは出来るだけ安くいきたいですが、まぁ新興国ですし。



今日はちょっと余裕があるのでまた後で更新します。
しかし、宿に日本の漫画が大量にあって困る。w

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。