スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

キューバ05-バスでの長距離移動あれこれ-

2010年12月11日 - キューバ


_B231078.jpg

キューバ内の移動の仕方について紹介します。
キューバ内で長距離移動するには普通はツーリスト向けのバスに乗って移動します。

ツーリスト向けのバスとはViazul社のバスとtranstur社のものの2つあります。

_B231076.jpg

【Viazul】
大きなバスターミナルから発着する外国人観光客向けのバス。一番一般的。
中国製のバスで、座席は普通のバス程度。エアコンが効き過ぎているので上着必須!私はアルパカセーター着てても寒い時がありました。(サンチアゴからハバナへの夜行バス内)

バスターミナルはハバナとサンチアゴ・デ・クーバはセントロから離れているのでちょっと不便。

・ハバナの場合
2つバスターミナルがあります。比較的旧市街に近いオムニブステルミナルと新市街にあるヌエボブステルミナル。オムニブステルミナルの方はキューバ人用のastro社のバスの発着がメインですが、一部Viazul用になっておりここからでも乗れます。
オムニブステルミナルへの行き方はカピトリオ正面で入り口付近のローカルバス乗り場からP11 or P12に乗ると近くまで行けます。歩けなくもない距離ですが、ちょっと遠い。

*いつももらえるのかどうかはわかりませんが、サンチアゴ・デ・クーバからハバナに戻る急行夜行バスでtuKolaが1本無料でもらえました。

【transtur社】
ビニャーレスやトリニダーに行く時に、ホテルなどに入っているキューバの旅行会社(cubaturとかhavanaturとか)からバスチケットを購入すると乗れるバス。同じく中国製でクオリティは同じくらい。でも水が1本もらえる。あと、乗る場所がそのチケットを買ったホテルからだったりするのでハバナではわざわざバスターミナルに行く必要がないので便利。降りるときも同じくセントロ付近で降りれるらしい。
チケットは売り切れることがよくあるので早めに買うこと。

料金は2社とも均一。移動距離・時間から考えるとかなり割高な料金設定になってます。日本のバスより高いかも。



という2つが通常の移動方法。
キューバ人用のastro社のバスにも外国人用の枠があるらしいですが、Viazulなどに乗れるならわざわざそれを利用する必要はないでしょう。

あと闇ルートの移動方法も

_B200778.jpg

【闇タクシーの利用】
TAXI表記がないけど、ハバナートリニダー間を走っていたりする乗り合いのタクシー。料金はバスと同等か安いこともある。バスの時間に縛られないということ、行き先の目的地の近くまで連れて行ってくれること、移動時間の短縮になることなどがメリット。
私は乗ってないのでなんとも言えませんけど。
ハバナではオムニブステルミナルにちょっとこっそりとした客引きがいます。もし興味があればお試しを。
サンタクララ→ハバナをこのタクシーで帰って来た日本人にあいましたけど、2CUCほど安くて良かったと言ってました。車種はハバナで良く見かけるアメ車の旧車。

【その他市内移動】
ちょっと難しいですが、ローカルバスとキューバ人用のタクシーに乗ることもできます。歩き方にはキューバ人用タクシーには乗れないと書いてますが、乗れます。


移動費と宿泊費はキューバではどう頑張ってもあまり安くできません。そのあたりは社会の仕組みとしてしょうがないとして、夜行バスを使うなどで安くしていくしかないですね・・・


キューバに来るまでtransturのことを知りませんでした。便利に賢く使うと移動がちょっと楽になります。料金が均一というところも、あまり深く考えなくて良いのである意味良いのかも?w
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。