スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

黄山02-世界遺産の絶景と冬山で遭難未遂-

2010年02月24日 - 黄山

_2190129

中国の黄山は世界遺産として登録されています。
今回の旅で初めての世界遺産であります。台湾には世界遺産がなかったので。

『古代から黄山を見ずして、山を見たというなかれ』

と言われる程の山。是非見てみたかったのです。

以下その様子。
_2180041

道はこのように雪がつもって固まっています。
基本はおそらく氷点下もないくらい。ダウン着てれば全然余裕でした。

_2180070
道はこのように基本的に階段です。
坂道はほとんどありません。富士山と比べて全然登りやすいです。


_2180079
水墨画に良く描かれているとだけあって、かなりの見物。富士山と違って(富士山と比較してしまいます・・・w)空気が澄んでいるわけではなく中国独特の霞がかった感じもその雰囲気を助長しています。


_2180104
雪が残っているところはこんなに残ってます。道自体も綺麗。ゴミもほとんど落ちてません。


_2180092
これは飛来石というモノ。これが見たかった!
実際目の当たりにすると不思議でなりません。なぜこの岩がここにあるのか?
近づくとみんな素手で飛来石に触っていました。ご利益でもあるのでしょうか?
真似して私も触りますよ。もちろん。

_2180097

_2180115
ここは山頂の一つ。
ここにテントをはって、朝日を待ちだす強者もいました。


さて、ここで問題が・・・
ケーブルウェイの終電を確認し忘れてました。w
急いで戻りますが、数キロ歩いているのでそうそう着きません。

ちょっと薄暗くなってきます。時刻は6時過ぎ。
_2180118

日が落ちてしまいました。
上海で買ったLEDの懐中電灯がこんなとこで役立つとは!

で、ケーブルウェイ乗り場に着いたのですが、案の定閉まってる。
係の人を無理矢理呼んで、懇願するもまぁそれは無理な話。
じゃあ宿ないからここ(室内)で寝かせてくれ!と頼むも「ダメ!」の一点張り。
(ちなみに英語も通じないので身振りのみ)

おい!じゃあ冬の標高1800mの屋外で無防備に朝を待てと?

まぁ、そんなことしたら死んでしまうので山小屋(というかホテル)に空き部屋がないか聞きにトボトボ道を戻る・・・
その途中で知らないおっちゃんに呼び止められて(この時間に外に人は誰もいなかった。)
事情を身振りと片言の英語とiPhoneの指差し会話帳で伝えると
「じゃあ泊めてあげるよ。」
「マジですか?」
みたいな感じになる。凄く汚い部屋の2段ベッドの2階部分を貸していただく。
布団はボロボロだがある。

「なんて優しい人だ。」
と思っていたら
「160元くれ」
と言ってきました。
「なるほどなるほど。そうだよね。ただじゃないよね?でも高いなー」
と思っていたら
「じゃあ80元。」
いきなり半額。
しょうがないから笑顔で50元だけ渡しました。でも本当に助かった!ありがとうございます。


ちなみにケーブルウェイの終電は17時まで。全然ダメだったようです。w
始発は下りは7時半から。のぼりは恐らく7時から。

ま、乗り遅れたお陰でご来光も見れたし。

黄山の写真はここにまとめてあります。



この後、無事に下山して荷物も受け取り、黄山市の最初のバスターミナルまで戻りました。
次に目指すは広州。もう寒いのはいい加減勘弁して欲しいという感じで、目指すは南です。
このときはまだこの後の更に過酷な状況を全く理解していませんでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。