スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

ベトナム04-ミーソン聖域(世界遺産)-

2010年03月13日 - ベトナム


_2280057

ホイアンからバスで2時間ほどの所にミーソン聖域と呼ばれる世界遺産があります。
ホイアンから旅行会社でツアーを手配して行ってきました。
料金は場所によってまちまち(でも一緒に廻る)ですが、私は確か7ドルだったような。
バスで行って、ボートで帰ってくるプランです。入場料は別途60000ドンかかります。


_2280039
かなり自然豊かな中にあります。

_2280035
これが全体図。修復中などの場所もありますが歩いて全て見て回れるのでアンコールワットなどに比べたら小さいです。
しかし、暑い!帽子と水は必須です。

_2280041
細かいレンガを積み上げてすべてを形成しています。
苔や植物による浸食も多く、それがまたいい感じ。

_2280052
これはミーソンの女性の象徴。

_2280058
これは男性の象徴。

_2280061
遺跡全体がこんな感じ。細かい!

_2280063
これはシヴァ神の像。なぜかミーソンのシヴァ神はほとんど頭が取れていました・・・
ちなみに左の調子良さそうな人はガイドの人。
最初は説明してくれましたが、
後半は暑いから日陰で「向こうにあるから見てきて。15分後集合ね。」みたいな状態。おいおい・・・。

_2280067
興味深かったのがこれ。
内部の壁面なんですけど、明らかに苔に浸食されている部分とそうじゃない部分がありますよね?
これは苔に浸食されている方が後々に補修された部分(と言っていたような気がします。)
レンガの成分が違うんですかね?


_2280080
帰りはこんなボートに乗って、簡単な食事が出て、強制的に面白くない土産物屋に連れて行かれてホイアンに戻ります。

_2280109
戻ってきて川辺でコーヒー飲んでたら「写真撮って」って言われたのでパチり。
その後当然のように「これ買って」と勧められる。買わないけど。


ミーソン聖域の他の写真もここの後半に載せてます。
どうぞどうぞ見てください。

ミーソン聖域はアンコールワットに行っていなければおすすめです!
アンコールワット行っちゃうと、特にここまで足を伸ばす必要は無いかも知れません。w
でもそういう遺跡大好き!なら話は別ですが。
苔の生した感じとか生い茂る緑はアンコール系には無いかもしれません。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ゆかいな ガイドさんだったんだ-
ほんとだ 苔の部分 なんでだろ-?
にしても 緑色が綺麗
  • 2010-03-14 |
  • nozomi
  • URL
  • edit ]

Re: ★

緑よかたっよー。
でも本当に暑かった。ガイドさんの英語も少しなまってるから英語得意じゃない俺には聞き取るのが大変っていうね。
  • 2010-03-14 |
  • アズノタダフミ
  • URL
  • edit ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。