スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

ベトナム05-ホーチミン・クチトンネルとカオダイ教-

2010年03月14日 - ベトナム


_3030239
ホイアンからホーチミンに戻りました。
ホイアンへは17$で行ったのに、帰りはどんなに交渉しても25ドルくらい・・・
40ドル払って同じバスに乗っている人もいました。ベトナム要注意です。w

さて、ホーチミンではメコンデルタツアーとクチトンネルのツアーに行ってきました。
メコンデルタは説明も特にないので写真をご覧ください。

クチトンネルのツアーにはカオダイ教という「目の周辺」を崇拝する新興宗教の見学も含まれていました。
写真がその「目の周辺」ですね。w


_3030241

_3030247

_3030254

_3030268

以下wikipediaより
『天眼と呼ばれる目玉を「宇宙の原理」「宇宙の至上神」の象徴とする。
孔子、老子、釈迦、キリスト、ムハンマド、さらには李白、ソクラテス、トルストイ、ヴィクトル・ユーゴーなどを聖人や使徒と仰ぐ。』
ここまで読んだ判断は個人に任せます。
(宗教のことは下手に書くとまずそうなので。)


カオダイ教のホームページはこちら


とまぁ、そんな感じで個人的には思ったより楽しませていただきましたよ。カオダイ教。
1日4回ある礼拝のタイミングで連れて行ってくれたのもよかった。


さてクチトンネルです。
_3030290
クチトンネルは、ホーチミン市の西北70kmほどの距離にあり、南ベトナム民族解放戦線(いわゆるべトコン)の有力な拠点でした。ここでの堅固な抵抗が、ベトナムに勝利をもたらした要因の一つといわれています。そして今では、ベトナム解放勢力の英雄的象徴とされています。(http://www.rose.sannet.ne.jp/nishiha/countries/vietnam/cuti.htmより抜粋)

ツアーでは、トンネル内部を歩けたり、戦車の展示、軍隊の服装の展示、各種ブービートラップの展示などがありました。

_3030297
戦車の展示。初めて触りました。当然ですが、固いです。鉄の固まり。これが動くってことはどういうエンジンだったんだろうとか考えてしまう。

_3030298
これはブービートラップ。作りは簡単ですが、落ちたら確実に痛いです。そして出れない。

_3030295
これが軍隊のマネキン。首に下がっているスカーフは用途も様々で必需品の様。


ま、でも一番の目玉(ツアー客のテンションが上がった)はやはり実弾が撃てるということでしょう。
_3030309
というわけで打たせてもらいました。10発を3人で分けて。

_3030305

初めて銃声を聞いたし、初めて実弾見たし、初めて撃ちました。
イメージよりも全然音が大きいし、イメージよりも全然速いし、トリガーはイメージよりもずっと軽かった。

漫画でたまに鉄砲の玉を避けるシーンとかあるけど、絶対無理!!速過ぎる。
ライフルだと800m/sくらい出るらしく、音速が約330m/sらしいので音が聞こえた時には余裕で打ち抜かれてることになります。
こんなにも恐ろしいものと初めて実感しました。
そういう意味でも一度撃ってみるのは良いかもしれません。


という感じでツアーは終了です。
ツアーの最後にベトナム戦争のビデオが30分程見れて少し勉強になります。(英語)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング参加中です。1日1クリックよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール


アズノタダフミ
'84年9月生まれ。
'07年名古屋市立大学芸術工学部卒業
同年より東京銀座のコミュニケーションデザインカンパニーにてデザイナーとして働く。(主に空間デザイン。店舗・ディスプレイ・イベントなど)

2007年 第1回愛知建築士会学生コンペ優秀賞
2007年 日本建築士会東海支部卒業設計コンクール佳作
2008年 DDA入選
2009年 DDA入選
同年 ディスプレイ産業奨励賞受賞

2009年6月 The DUFFER of St.GEORGE渋谷店にて「アズノ写真展-cherry-」開催。


デザイナーの目線で世界を見てみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。